レイヤーとかグラデーションってなんなの?


みなさんは、美容室でヘアスタイルを
美容師さんに相談している時などに
聞いたことはありますか??

「レイヤーを入れて〜」
「グラデーションで〜」

とか、レイヤー・グラーデーションという言葉。



何を言ってるかさっぱりわからん!!
って人多いかなと。

説明もなしに、そういう用語を使う美容師さんもどうかと僕は思いますが…

でも、最近では雑誌にも
こういった言葉をよく目にする気がします。


では、レイヤーさんとグラーデーションさんは何なのか!


簡単に言うと

下の毛と上の毛の長さの差


段と言うやつです。


レイヤーさん

グラーデーションさん


表面の1番上から下までの長さの差が違いますね!

レイヤーは主に肩下の方に使う事が多いかもしれません。
(ショートでもボブでも使うことはありますが)

グラーデーションはボブやショートなどで使う事が多いと思います。


実際のスタイルだとこんな感じ
上がレイヤー
下がグラーデーション




段の幅が狭い方がグラーデーション
段が大きく入るとレイヤー

(大まかに言うと)



これを知ってたから、なんだって話かも知れませんが、
美容師さんがもしそんなことを言っていたら
スタイルのイメージがつきやすいかなと。

そもそもそんな言葉はあんまりぼくは使いませんが。。

次は、その段差が入るとどうなるのか
について書こうかなと!

読んでいただきありがとうございました!





a.oo.i.表参道美容師森川敬之のブログ~カットが大好き美容師~

a.oo.i.アオイという表参道の美容室で働く森川敬之のブログ。 ウィービングカラー(プリンが目立たないカラー)ときれいな髪をつくるための情報を発信してます。 自然体なスタイルを得意とし、その人に溶け込むスタイルは何かを見つけます。 マラソンとかのことも書いたり書かなかったり。 ご相談・お悩みお聞かせください。

0コメント

  • 1000 / 1000