髪が多くて。。。軽くしたいと思っているあなたへ



どうも、森川です。


昨日の記事はテイストを変えすぎて

びっくりされております。



夏が近づいて段々と

暑くなってきて


「髪を軽くしたいな!!!」


って思っている人も多いと思います。


そこで、


軽くする方法は2つ


大きく分けてあるのです。



これからそうしたいと思っている方


ご参考に。



一つ目

髪の毛を梳く(すく)


これが軽くする時に

一番イメージする人が多いように感じます。


[梳く]という技術も

とても大切で

どのスタイルにも使う必要がある技術


  • 梳き方
  • 梳く場所
  • 梳く量


これがとても大切なところです。



しかし、梳く量が増えていくことに比例して

髪はパサつきやすくなってしまうということ

あります。。




二つ目は

段(レイヤー)を入れる


最近のスタイル自体がさほど

レイヤーは多く入っているものが少ないように感じますが。


レイヤーについてはこちらを




段を入れることによって


  • 髪に動きがでる
  • シルエット自体が軽くなる


という効果が。



段を入れていくので

入れすぎると、トップ(頭頂部)の毛が

短くなっていきます。






どちらか片方だけしかしない

というわけではなく

両方使って切るのがほとんどです。




髪質・スタイルによって

梳く量や段の幅は変わってきますが。。



いくら、軽くしたいからといって

梳き過ぎると

  • まとまりづらい
  • パサつき
  • ダメージ

が出てしまうので、

美容師さんが梳きまっくていたら

適度な重さで!!!と言いましょう!!



カウンセリングの時に

髪が多く・広がりやすい方が

髪を軽くしたいということを

お話してくれる率が高い気がするので


梳き具合はどれくらいがいいのか


(ヘアスタイル・長さ・微妙な髪質の差で変わりますが。。

ご参考までに)





毛量が多くて・広がりやすい人は


長さ:鎖骨から上の場合

段を入れすぎず、軽くしすぎず!


段を入れすぎるのは広がりやすく

なってしまうおそれがあるため。

梳く量も軽くしすぎると

扱いづらくなってしまうので

少し重たいと感じるかもしれませんが

少し量を残しておいたほうがいいでしょう。





長さ:鎖骨下

段をいれても〇・梳く量は取りすぎ注意


鎖骨下になってくると、

髪の重さで

大分広がりが収まってくると思います。


ですので、

レイヤーもまずまず入れるスタイルのOK

梳く量は毛先がバサバサしないくらいに!





軽くするという時に、

髪の多い方は軽くしてもまとまりづらかったり

重たすぎても、嫌だしと


そんなお悩みをお聞きしたので



軽くする方法は2パターン



量が多くて広がりやすい方の軽くする具合


について書いてみました!



a.oo.i.表参道美容師森川敬之のブログ~カットが大好き美容師~

a.oo.i.アオイという表参道の美容室で働く森川敬之のブログ。 ウィービングカラー(プリンが目立たないカラー)ときれいな髪をつくるための情報を発信してます。 自然体なスタイルを得意とし、その人に溶け込むスタイルは何かを見つけます。 マラソンとかのことも書いたり書かなかったり。 ご相談・お悩みお聞かせください。

0コメント

  • 1000 / 1000