タオルドライの正しいやり方!!知らない間に髪を傷めてるかも…



どうも森川です。


年下の子にポンコツと呼ばれた森川です。



というわけで、



今日はタオルドライについて。


流さないトリートメントの裏に

「タオルドライの後に・・・」

と書いてあったりしますよね?


タオルドライってなんなの?


という質問がありましたので。






[タオルドライとは]


髪をお風呂上がりなどに

拭きますよね?


そのことを、タオルドライといいます。



あーそれのことか!

って方も。


そんなん知ってるは!

って方も。



このタオルドライ。


結構大切なんです!!


なめちゃーいけませんよ。



注意点は?


  • 頭皮と髪の根本を拭くイメージで。

早く乾くようにするために

ガシガシ擦るのはNG!


さするより気持ち強めに

拭くようにしましょう。



  • 毛先は包むように

毛先も擦るのは良くないです。

タオルで包んで優しく握りながら

水分を取りましょう!



  • 耳後ろは念入りに

後頭部は乾きずらい所。

しっかり水分を取っておくと

ドライヤーでの乾かし残しと

時間が短縮しますよ!





まとめ


髪は、濡れている時

ダメージを受けやすくなっています。

その時に

毎日摩擦を受けていくと

どんどん髪が。。。


顔もタオルでこすらないように

優しく拭いたほうがいいのと同じ。



人に顔をタオルでガシガシやられたら

もう、嫌とこではなく、

パンチしたくなりますよね。


それは人それぞれか・・・




髪を拭くという行為でも


自分の髪が

キレイになっていったり

パサついてきたり。。


左右していきますよ!!!


きれいな髪になりますように。



そのあとのドライヤーについてはこちらを


a.oo.i.表参道美容師森川敬之のブログ~カットが大好き美容師~

a.oo.i.アオイという表参道の美容室で働く森川敬之のブログ。 ウィービングカラー(プリンが目立たないカラー)ときれいな髪をつくるための情報を発信してます。 自然体なスタイルを得意とし、その人に溶け込むスタイルは何かを見つけます。 マラソンとかのことも書いたり書かなかったり。 ご相談・お悩みお聞かせください。

0コメント

  • 1000 / 1000