カラーが色落ちしやすいのは〇〇も原因の1つ。


どうも、森川です。


今回は



カラーの褪色を遅らせる方法

(カラーリング編)



について。


「カラーの褪色が早いんです。。。。」


という声を多く聞きます。


カラーが抜けるのはカラー剤の色味も原因の一つ


として考えられます。



生活の中で抜けやすい原因として考えられること



  • 以前に明るくしたことがある
  • シャンプー剤が強い

などなど、以前の記事をご覧下さい。




抜けやすさには

カラーリングするときの

使う色・明るさ・種類などによりますが。。




[最近の主流は色味重視]




最近の流れのカラーは、色味を重視しています。

暗めのカラーをする場合など


アッシュやマット・グレー

などの色味のみでカラーすることで


赤味がない色を作ったりと


色味重視のカラーが流行っています。



[色味重視のカラーは抜けやすい]



色味を強く入れることによって

嫌な赤味を消して外国人のようなカラーや

透け感を残しながら暗めのカラー


綺麗です!僕もそういった色、好きです!!


ですが、難点が。。。。


色が抜けやすい・・・・


抜けても、いい感じになるということもあるので

デメリットだけではありませんが。



色が落ち、髪が明るくなっていくことが気になる人には

デメリットになってしまいますね。



では、対策は??



[ブラウンを混ぜてもらう]



ブラウンは茶色ですね。

元々僕らの髪に中に入っている色素は

茶色がかな~り濃く入って黒に見えています


なので、そのブラウンを入れると


色の持ちは良くなります。


オシャレ染めのブラウンを入れる


or


白髪染めのカラー剤を混ぜる


といいと思います。



しかし、ここにも注意点が。。。。



色味が出づらくなる


透け感が出づらい



という、デメリットがあるのです。。




どちらをとるか



色味重視or抜けづらさ重視か


両方が一番だと思いますが。。。。。

*色味重視ベースでブラウンを少し入れるとかできます。



自分が、色を抜けることを恐れているのか


赤味などを撲滅したくて、色味重視がいいか、



美容師さんと相談して、試行錯誤していきましょう!!



先日も、抜けやすいお客様に

極力色味を出しつつブラウンも混ぜてカラーリングしました。


持ってくれるといいな。。。





a.oo.i.表参道美容師森川敬之のブログ~カットが大好き美容師~

a.oo.i.アオイという表参道の美容室で働く森川敬之のブログ。 ウィービングカラー(プリンが目立たないカラー)ときれいな髪をつくるための情報を発信してます。 自然体なスタイルを得意とし、その人に溶け込むスタイルは何かを見つけます。 マラソンとかのことも書いたり書かなかったり。 ご相談・お悩みお聞かせください。

0コメント

  • 1000 / 1000