カラーが抜けて赤みが気になる方へ!赤み撲滅委員会はじめました。


どうも森川です。


夏が本格的になってきましたね。。

体調はいかがでしょうか??

僕は貧弱に思われがち(色白のため)ですが、

風邪も引きません。

気が付いていないだけかもしれませんが。。。


そんなことはどうでもよく、

今回もサロンワークから


赤みを撲滅したい



カラーが褪色してくると、赤みが気になる人もいますよね?

これは、ベースの明るさ・その人の持っている色素の色が関係してきます。

そのへんは次回あたりに書こうかな。


まずは染める前の写真を


赤みが出ていますね。。


お客様自身、赤みを嫌って嫌っています。

なので、


「赤みを撲滅しておくれ!!」

かつ

「大人っぽく暗めに」


というオーダー。

(実際には言ってませんが、大きく言うとこういう感じです。)


赤み撲滅委員会の会員の僕としては

なんとしても赤みを消してやりましょう。。


*赤み撲滅委員会とは、僕が勝手につくっている委員会です。

というより、今さっき思いつきました。


ふざけてすいません。

しかし、赤みを消すことには

いたって真面目です!!



その前に!!!



暗めにした時に透け感が欲しいので

明るめのカラーで、ほんのりハイライトを。。

細めに、柔らかさがでる程度に。(上の写真)


このハイライトが、少し明るくなってきたところで


‘‘ウルトラ赤み撲滅カラー‘‘を投入!!


はい、クソだせーネーミングですね。。


実際には、マット(グリーン)系の色味を強めに入れています。。

エメラルドっていうカラーとか、カーキっぽい色を。


その仕上がりがこちら


大人、そして、赤みを消し去りました。。。。



外だとこんな感じに



ほんのりハイライトも光に当たると

ちらっと。


透け感が出ていい感じ。

よかった。。


いつも任せていただき、ありがとう!!





赤みを消すのに大切なのは、

赤みを消すための色の量が重要です。


多すぎても✖

少なすぎても✖


それぞれの髪質・ベースの明るさに

合わせて、


‘‘赤み撲滅カラー‘‘をしていきます。



また、ダサいネーミング使ってしまった。。


何かいい名前考えよう。。。。。。



ベースの明るさや、状態で

出来る出来ない

2回もしくは3回しないといけない。とか

皆同じカラー剤で染めても結果は変わってきます。


なかなか思った色にならないなぁーという方。


こんなカラーがしたいなど、

お気軽にご相談を!!


いいネーミングを考えておきます。笑

a.oo.i.表参道美容師森川敬之のブログ~カットが大好き美容師~

a.oo.i.アオイという表参道の美容室で働く森川敬之のブログ。 ウィービングカラー(プリンが目立たないカラー)ときれいな髪をつくるための情報を発信してます。 自然体なスタイルを得意とし、その人に溶け込むスタイルは何かを見つけます。 マラソンとかのことも書いたり書かなかったり。 ご相談・お悩みお聞かせください。

0コメント

  • 1000 / 1000