髪の色が赤みが出やすい人、そうでない人の違いは?


どうも森川です。

某番組のようなタイトルになってしまいましたが。。。。


赤みのあるカラーをしている人はまた別のお話ですが、

カラーが抜けてくると赤み(オレンジ)が出てくる方、いますよね。

友達は赤くなってないのに。。。

なんで私だけ!!!!

なんで、なんでなの!!

と叫びたくなることもあるかもしれません。


それは大げさか。


まず


一つ目はアンダーカラーというものが関わってきます。



アンダーカラーとは?



人が元々もっている髪の色味のことをアンダーカラーといいます。

いわゆる、‘‘地毛‘‘ですね。


日本人の大半は黒髪ですが、この黒髪はメラニンという色素で

色がついていて、

このメラニンには種類がありがあります。


簡単に言いますと。


赤みを持った茶色or黄みを持った茶色


これのメラニンがギュッとギュッと集まって

黒い髪の色に見えていているのです。


このどちらかが多かったり、少なかったりで


黒髪でも、一人一人少しずつ違いがあり、


アンダーカラーが色素の配分で決まるということです。



この、‘‘赤みを持った茶色‘‘の色素を多くもっている人。。。


このタイプの場合、、、、、


‘‘赤みが出やすい髪質‘‘


っというわけです。。


黄みを持った茶色の人は、カラーが抜けてくると

黄色っぽく抜けていきます。



二つ目は、


ベースの明るさ



‘‘ベースの明るさ‘‘は、今の髪の明るさのことですね。


まず、髪は明るくしていくと、

どういう色になっていくのか。。。


写真のように、

黒⇒赤茶⇒オレンジ⇒黄

と、いうように明るくすると変わっていきます。



髪の明るさが上の写真の8・9・10(明るさの番号*トーン)辺りの人が

多いと思いますが、


ちょうど、赤茶⇒オレンジの範囲。。。。。


カラーが抜けると

赤みが出やすい一番のゾーンです。。。


そして、まだまだ髪に茶色の色素が残っている状態。。。


ベースの明るさが10トーン以下の場合


赤みがでやすいです。。。




解決策は??



じゃあ、もう諦めるしかなの??


いや、打つ手はあります!!


まず前提に、カラーする色は、赤みを抑える、マットやアッシュです!!


[1.髪を一度明るくしてから、暗めに入れる。]


ベースの明るさが明るければ、抜けてきた時の赤みを抑えられます。

また、透け感や色味の幅が広がります。


デメリットは、ベースの色素が抜けている分、褪色が早まってしまいます。



[2.赤みが出る前にカラーをする]


カラーした時は赤みがなくて綺麗なのに、時間が経つと赤みが、、、

ベースはあまり明るくしたくないし。。。


って方は、

色味が抜けきる前に色を補充しましょう。


数回これを続けると、

色が定着していくので、そこまでくれば

徐々に赤みが抑えられます。


(なかなか美容室にいけない方は、カラートリートメントなどもOKですが、やりすぎるとびっくりした色になるので、気をつけてくださいね。)





赤みが出やすい人は髪が暗めだったり、

元の色素の赤みが強かったり。


赤くならずに黄色っぽくなったりしている人は

髪が明るかったり、元の色素が黄みが強かったり。


そんな違いがあるのです。


今日は赤みにフォーカスを当てて書きました!

僕も赤みが嫌いなので。

赤み撲滅委員会の会員でもあるので!




赤みが嫌だけど、いつも出てきて、

マジでテンションぶち盛るんだけどー。。。。。。


って人。

ご参考に!

ご相談があればなんなりと!


a.oo.i.表参道美容師森川敬之のブログ~カットが大好き美容師~

a.oo.i.アオイという表参道の美容室で働く森川敬之のブログ。 ウィービングカラー(プリンが目立たないカラー)ときれいな髪をつくるための情報を発信してます。 自然体なスタイルを得意とし、その人に溶け込むスタイルは何かを見つけます。 マラソンとかのことも書いたり書かなかったり。 ご相談・お悩みお聞かせください。

0コメント

  • 1000 / 1000